FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記

ブラザー・スティーブ

4日目の夜は、ロスで活躍しているブラザー・スティーブたちが、私たちの集まりに参加してくださいました。ブラザー・スティーブは全米で1番大きなゴスペル団体の年間アナウンサー賞を受賞された方で、プロデューサーでもあり、ブラックゴスペル界の重鎮です。

DSC08584.jpg

今回は、ゴスペル音楽業界の8人の友人を連れて来てくださいました。
牧師でありゴスペル歌手をしている方、大学でゴスペル音楽を教えておられる教授、ゴスペル音楽の批評家の方、ロスで1番大きなプロモーターの方、これから大きく売り出す予定の歌手の方、ボーカル・コーチなどなど・・・・。これらの方々の前で、Jゴスペル・グループがゴスペルを歌い、批評していただくというものでした。

ほとんどのJゴスペルのアーティストたちは、アイコンタクトについて注意されていました。それを聞いていて、「本当にプロとしてこれからいろんなグループが立っていくんだな~」と思わされました。

四日市シオン教会のゴスペルグループ「しるしと不思議」が、夫の曲で「I Believe」という歌を歌ってくださいました。この曲は、ルツ記から、「あなたの行かれる所へ私も行き、あなたの住まれる所に私も住みます。あなたの民は私の民、あなたの神は私の神です」という聖句から始まります。そして、信仰を前面に打ち出し「イエス・キリストは唯一の神」で終わる曲です。「しるしと不思議」の皆さんは、本当にきれいなハーモニーに仕上げておられました。ファッションも、黒とシルバーの組み合わせで素敵でした。CDのリリースが楽しみです。発音指導された四日市シオン教会のO牧師の旦那さんはイギリス英語の方なので、発音がアメリカの英語とちょっと違いますが、イギリス英語の歌を聴いて、「EUでも売れるかも!」って期待しています。

DSC08565.jpg

ブラックゴスペルの批評家の方々を前にして歌うのは、本当に緊張するだろうな~って思いました。でも、無事に終わって、みんな良い評価を受けていました。

もう1つ、エウカリスティアスというグループが「Jesus didn't forget about me」という曲を歌いましたが、こちらも夫の曲です。とても美しいハーモニーが売りのグループなので、グループ全員がそろわなかったのは残念でしたが、それでも、曲の後半の方で、盛り上がり感動的な仕上がりになっていました。牧師さんから、「来週の礼拝の説教に使える」と言われましたが、本当にメッセージ性の強い曲です。歌ってくださったエウカリの皆様、ありがとうございました。

DSC08572.jpg

最後にゲストの歌手の方が数曲歌ってくださり、素晴らしい交わりの時となりました。
導いてくださった神様に、心から感謝です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamidate

Author:kamidate
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
FC2カウンター
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。