FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記

プリムの祭り

The House Worship Centerで先日、大変楽しいイベントがありました。
「プリムの祭り」で、演劇でエステル記を学びました。イベントを主宰したのは、同じ教会の施設を使っているメシアニック・ジュー(イエスさまを信じているユダヤ人)の方々です。

esther

まずは、イスラエルの国旗の登場です。

israelflag

次にショーファー(角笛)を持った方が登場し、舞台の上でショーファーを吹き鳴らし、プリムの祭りがスタートしました。

shofer

ここのメシアニック・ジューの方々は、牧師さんがブラジル人出身のユダヤ人で、集まっている方々はヒスパニック系の方々なので、礼拝などはスペイン語で行っているそうです。この日のイベントもスペイン語に英語の通訳がついて行われました。

hebrew

ヘブライ語で祈り、ヘブライ語で賛美しました。ヘブライ語の賛美のとき、神さまの素晴らしいご臨在を感じました。私もヘブライ語の賛美が大好きなので、一緒に歌いました。

kippaandjewishlady

このようにメシアニック・ジューの方々は、ユダヤ人と同じく、男性はキッパという丸いものを頭にのせ、女性は頭に被り物をして礼拝するそうです。

そして、いよいよ劇の始まりです。
始まって、ビックリ! アハシュエロス王をThe House のデル牧師が演じていました。

king

そして、モルデカイは同じくThe Houseのブラウン牧師でした。

moldecai

エステルの登場です。メシアニック・ジューの方でした。とても綺麗な方でした。

estherqueen

メシアニック・ジューのサラ牧師がストーリーを説明したのですが、ユダヤ人の敵「ハマン」の名前が呼ばれるたびに、会衆がものすごい音をたてて、面白かったです。

イベントの最後に、みんなにクッキーが配られました。
cookiebag

このクッキーですが、ハマンの耳と呼ばれるクッキーだそうです。しっとりしたおいしいクッキーでした。
hamanear

ヘブライ語の賛美、イスラエルのダンス、そして「エステル記」の劇と、イスラエルを満喫することができました。神さま、ありがとう!





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kamidate

Author:kamidate
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
FC2カウンター
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。