スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

引越ししました

長い間、お休みしていて申し訳ありませんでした。
引越しして、ブログを再開しました。
よろしくお願いします。
http://ameblo.jp/everydaygospel
スポンサーサイト

日記

一人旅

日本に1人で行った娘ですが、日本滞在を終え、今ハワイに向かっています。

昨日、新幹線「はやて」で八戸を発った娘ですが、東京駅で娘の到着を待っていた知り合いから、「新幹線は来たけど、それらしい子がいない」と、30分以上会えないというちょっとしたトラブルは許されましたが、無事に成田に向かったようです。

この時期に格安チケットでの旅行なので、通常のルートとは違い、成田 → ハワイ → ミネアポリス → デンバーと乗り換えばっかりですが、良い経験になればと願っています。ちょっとお姉ちゃんになって帰ってくるかしら・・・なんて想像しています。

楽しい夏休みももうすぐ終わり。来週からは学校が始まります。

とにかく、無事にデンバーに到着しますように・・・・・!

写真は、デンバーの空港から日本に向かった時のものです。
DSC09026.jpg



Jゴスペル

Shout!

ゴスペル・インターネットラジオ「JOY97.1」で、アメリカのゴスペルのほかに、日本のゴスペルも紹介しています。
先日、新しいアルバムをリリースした関西のゴスペルグループ「Splendor」から、ラジオ用に曲のファイルをいただきました。

splendor.jpg


このスプレンダーのニュー・アルバム「VICTORY」ですが、皆さんに、ぜひ、おすすめします。
「Victory in Jesus name」は夫Ejayが作った曲ですが、ライブバージョンのようなノリで、とても元気が出るアレンジでした。すごく、スプレンダーらしいというか、スプレンダーの良さがとても出ている曲です。

そして、私がイチオシなのは、「Shout!」という曲です。
メシアニック・ジューのゴスペル歌手、ポール・ウィルバーの曲のような、イスラエル風のアレンジで、聞いていて、イスラエル人が輪になってダンスしながらこの曲を歌っていることを想像しました。
これも、元気が出ます。本当に。

日本のゴスペルは、スローな曲が多く、アップテンポの曲は珍しいのですが、「Shout!」は世界中で歌われるんじゃないかと思います。

CDは「荒地に川ミュージック」でお求めいただけます。

日記

Whitney Houston

ホイットニー・ヒューストンの新しいアルバムが8月31日に発売されるそうです。彼女のウェブサイトで歌を聴くことができますので、ぜひ、聞いてみてください。
「I Look To You」という素敵な曲です。はっきりと「神」ということばは使っていませんが、神様のことを歌っています。

ボビー・ブラウンとの結婚と離婚、ドラッグと酒に漬かった日々、リハビリを通して再び歌手として立ったホイットニー・ヒューストン。

残念ながら、かつての美しい声はありませんが、味のある歌い方になっていると思います。

私としては、ホイットニー・ヒューストンには完全ゴスペル路線で行ってほしいな~と思うのです。

Jゴスペル

しるしと不思議

四日市シオン教会のゴスペル・グループ「しるしと不思議」の歌をYouTubeで見ることができます。爽やかな歌声をお楽しみください。
「I believe」は、Ejayが聖書のルツ記をもとにして作った曲です。

日記

新曲ができました

やすらぎの歌・9集の募集のしめきりが近付いていますが、昨日、Ejayの新曲が出来上がり応募することができました。
曲名は「Make A Joyful Noise」というアップテンポの曲です。
みんなに歌ってほしいという願いから、歌詞を本当にシンプルにしました。

歌はEjayとジャッキーという女性のデュエットで、ノリノリのサウンドになっています。
 
ジャッキーはEjayのボイストレーニングの先生です。聞いていてEjayがディオンヌ・ワーウィックと歌っているのではないか?と思ってしまうほど、声がディオンヌ・ワーウィックにそっくりです。

もし9集に選ばれたら、みなさんに聞いていただくことができるでしょう。

カラオケも本格的な仕上がりになっています。お楽しみに・・・・。

日記

娘の一人旅

昨日、娘が日本に旅立ちました。

今回の旅行は、娘の信仰による勝利です。

本来は家族3人で行くことが神様のみこころだったと思うのですが、経済的な事柄がネックとなり、最後まで信仰の対応を取りきれなかった夫と私はお留守番です。

どうしても日本に行きたかった娘は、たくさん祈り、みことばを求め、そして日本の友達にバンバン「白馬キャンプで会おうね」と言いまくり、「お金がないからチケット買えない」と言っても、告白を変えませんでした。経済的には絶対行けるような状態ではありませんでしたが、最後の最後、逆転が起こり、とうとう日本に行けたというわけです。

それも、ビジネスクラスで・・・・。これも祈り答えです。

聞いている方があきれるほど、大胆に、「神様、ビジネスクラスで日本に行けますように」と祈っていました。

本当に「求めなさい。そうすれば与えられる」なのですね、神様。

来年は家族3人で行きま~す!

Jゴスペル

Jゴスペル・コンサート

今日、デンバー市内の老人ホームで、Jゴスペル・コンサートをしてきました。
以前、日系人の老人の方々に歌ったことがありましたが、今回は100%アメリカ人の老人ホームでした。
素敵なカフェのようなビストロの一角にピアノがあって、そこで歌ったのですが、狭い場所だったので30人ぐらい来ていましたが、入りきらずに、廊下やロビーまで立ち見の人たちがいるほどでした。

「日本の歌」に興味を示すだろうか・・・? とちょっと心配しましたが、大変喜んでいただき、安心しました。

日本の歌から「おぼろ月夜」や「赤とんぼ」を紹介し、後半に「やすらぎの歌」から「永遠の愛」「花」などJゴスペルを賛美しました。最後にみんなでアメージング・グレースを賛美して終わりました。

今度再び、同じ施設の別の棟でやってほしいということで、来月、またやることになりました。もう少し練習して備えたいと思います。

日記

久々の更新です

更新できなくてすみません。
私のコンピューターが壊れてしまい、修理に1週間以上かかってしまいました。
コンピューターが壊れて、あ~感謝!感謝!

今度、夫がやっているゴスペル・インターネットラジオ joy97.com に日本人のDJが加わることになりました~! ゴスペルが大好きという方で、話がとても面白い方です。後で、詳しい情報をお届けします。 お楽しみに!
また、7月からは、アトランタのDJ、George Daigleも加わり、さらにパワーアップです。

個人的には、ゴスペル・クラシックのコーナーがお気に入りです。BeBe & CeCe とかCommissioned、Winans・・・など懐かしいゴスペル曲を聞くことができます。

ゴスペル・クラシックで思い出しましたが、先日のマイケル・ジャクソンのお葬式で、マイケルの棺が運ばれてくるとき、アンドレ・クラウチと彼のクワイヤーが「Soon and very soon」の歌を歌っていました。
あのお葬式は、かなりの伝道的効果があったと思います。スーパースターたちが次々とゴスペル曲を歌っていましたから。中でも、ライオネル・リッチーが印象的でした。

Jゴスペル

ハティクバ

日本で活躍するゴスペル・グループ「ハティクバ」が、夫の作った曲「Grateful」を歌っています。
その歌をハティクバのブログで試聴することができます。

私も聞いてみましたが、ハティクバのTさんの英語の発音といい、声のトーンといい、素晴らしい仕上がりでした。おすすめです。ぜひ、聞いてみてください。

Tさんのボーカルが、トラメイン・ホーキンスのようで、とても素敵です。
ここだけの話ですが、Tさんのバックで「Grateful~~・・・Grateful~~」とハモっているのが夫の声です。

夫はハティクバがオペラのグループだとばかり思っていたそうです。

ブログのアドレスはhttp://gospel7.blog56.fc2.com/です。
プロフィール

kamidate

Author:kamidate
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
FC2カウンター
FC2ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。